創業28年目の信頼と実績
0800-170-1125
全メーカー比較スピード見積もり 24時間365日受付中
絶対に失敗しない!

Wi-Fi機器
選び方

主要メーカー6社!
チェックするポイントは?

オフィス・店舗で無線(Wi-Fi)環境を構築するためにWi-Fiルーターを導入・入れ替えをし
たものの、全体的に通信速度が遅すぎる、特定の場所では無線が届かないなど
業務に支障をきたしてしまうケースもよくあります。
ここでは、そのような失敗をしないためにも
Wi-Fiルーターを選ぶポイントについて解説させていただきます。

使用環境や接続台数を元に最適な製品を探す

まずは使用環境や接続台数の整理をしましょう。

使用環境

  • ・どの程度の広さのオフィス・店舗なのか
  • ・通信速度はどの程度必要なのか
  • ・オフィス・店舗の周囲環境はどうなっているのか
  • ・社外の方がWi-Fiを利用する環境を作る必要があるのか

広さや速度だけに気を取られず、パーティションなどで間仕切られた部屋が多い場合はそちらでも問題ない機器なのか、周辺のWi-Fiルーターの電波干渉の影響を受けないのかなども確認しておく必要があります。
オフィスWi-FiNAVIでは、実際に訪問させていただき、お客様の使用環境を契約前に事前に無料で調べさせていただき、最適な機種の選定を行う「無料出張診断サービス」も行っておりますので、是非ご活用ください

接続台数

  • ・接続するパソコンやスマートフォン・タブレット端末の台数
  • ・複合機などのパソコン周辺機器の接続台数

接続するパソコンの台数だけに目がいき、スマートフォンなどの端末を考慮に入れ忘れてしまうと、実際に使用を開始した時に満足がいく通信速度での使用ができなくなってしまうことがありますので注意しましょう。社員が増えた時などのことを考えて、同時接続台数は想定よりも少し上の台数で検討することをおすすめします。

通信速度はアンテナ数と通信規格で決まる

Wi-Fiの通信速度は「アンテナ数」と「通信規格」の2つに左右されます。
ですので、この2つについてしっかりと理解した上で製品を選定することが重要です。

アンテナ数

Wi-Fiルーターは搭載されているアンテナの本数が多いほど通信速度が速く、設置位置よりも遠くまで電波が届くようになります。
カタログなどには「4×4」などのように記載されていることが多いですが、これは、受信用のアンテナが4本、送信用のアンテナが4本ということになります。
価格の安い家庭用のものであれば「2×2」というものが多いですが、一般的なオフィスで使用するWi-Fiルーターであれば最低でも「4×4」以上のアンテナ数のものを選ぶといいでしょう。

規格名 旧名称 周波数帯 最大通信速度 電波干渉 障害物
Wi-Fi
6
IEEE802.11ax 2.4GHz 9.6Gbps 弱い 強い
5GHz 9.6Gbps 強い 弱い
Wi-Fi
5
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps 強い 弱い
Wi-Fi
4
IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps 弱い 強い
5GHz 600Mbps 強い 弱い

通信規格

通信規格とは、「Wi-Fi6」「Wi-Fi5」といったように表記されている無線の国際的な標準規格のことです。
※「IEEE802.11ax」「IEEE802.11ac」などの旧名称で表記されていることもあるので注意してください。

もちろん単純な通信速度だけで言えば最新の通信規格である「Wi-Fi6」が一番良いですが、接続端末が古い場合はまだWi-Fi6に対応していない場合もございますので、接続端末側の対応規格もしっかりと確認しておく必要があります。

無線(Wi-Fi)無料相談窓口

セキュリティ対策をしっかりと行う

業務上便利な面が多いWi-Fiルーターの導入ですが、セキュリティ対策を怠った状態で導入してしまいますと、
不正アクセスにより情報漏洩やデータの改ざんなどのセキュリティリスクを負うことになります。
ですので、セキュリティ対策がしっかりしたWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

セキュリティ方式の種類

WPA3

WPA3とは「Wi-Fi Protected Access 3」2018年6月にWi-Fiアライアンスが発表した、無線LANのセキュリティを強固にした新しいプロトコルであり、重要な機密データを扱うマーケットに対して、Wi-Fiセキュリティを簡素化するとともに、より堅牢な認証を可能にし、さらに、強度の増した暗号手法を提供することが特徴です。
もともと通信を暗号化する規格としてWEPやWPA2が普及していました。WEPやWPA2は、暗号化の強度が弱く解読が進んでしまったため、よりセキュリティを強固にしたWPA3が発表され使われるようになりました。現状では最もセキュリティレベルが高いため、基本的にはWPA3に対応したWi-Fiルーターの導入をおすすめします。

WPA/WPA2

WPA3が発表される前に標準であったセキュリティ方式ですが、前述の通り、WPA3と比較して暗号化の強度が弱いセキュリティ方式になるため、WPA/WPA2までしか対応していないWi-Fiルーターの導入はセキュリティ面的にリスクを伴いますのでオフィスや店舗での導入は控えたほうがいいでしょう。